Zoomでオンライン会議やセミナーの音質を上げる方法<前編>~モニタリング・設定

オンライン会議サービス「Zoom」の普及

昨今の情勢を踏まえ、個人的にも、オンラインで会議や打ち合わせをする機会が増えてきました。

また、スクールや教室を開かれている方が、オンラインで講義やレッスンを行う事例も増えているようです。

いろいろなオンラインビデオ会議サービスがありますが、中でもよく使われているのは「Zoom」といサービスです。

Zoomは様々なデバイスに対応し、導入のハードルが低いこともあって、ユーザーが急増しています。

オンラインコミュニケーションで重要なのは音声

ビデオを使ったオンラインコミュニケーションでは、ついつい動画のクオリティを上げることに気を取られてしまいがちですが、「情報を伝える」という意味では、音声の質を上げることの方が大切です。

セミナーやレッスンでは特に音質が重要です。ノイズの多い音声やこもった音声が長時間配信されると、聞く側は苦痛に感じます。

また、会議で、自分の声が不明瞭だと、出席者に情報が正確に伝わらないことがあります。

今後、オンラインでのコミュニケーションの機会が増えることを考えると、配信の音質にこだわってみるのも良いかもしれません。

自分のオンライン上での音声をモニタリングしてみる

とはいえ、自分の声がZoomでどのように聞こえているのか、ミーティング中には確認することはできません。

そこで、Zoomミーティング録画機能を使って自分の声をモニタリングします。

無料会員の場合は、この機能を使って、パソコンに映像と音声を記録することができます(ファイル形式はmp4です)。

※有料会員は端末からクラウドに保存することが可能です。

設定画面の「レコーディング」メニューで保存先を指定する。

PCでミーティング参加中に、画面下のメニューにある「レコーディング」ボタンをクリックすることで、録画が始まります(ミーティングを終了すると、動画が保存されます)。

ミーティング画面の下部に「レコーディング」ボタンがある(画像の赤丸部分)

この映像ファイルには音声も保存されますので、Zoom上の自分の声がどのように聞こえているのか、確認することができます。

Zoomの音質を上げるには

Zoomの音質を上げるためには、アプリ側で設定を変更する方法と、音の入口(マイク)を変える方法があります。

アプリ側の設定を変更する

ZoomのPCアプリで、「設定」>「オーディオ」>「詳細」と選択します。

「連続的な背景雑音の抑制」と「断続的な背景雑音の抑制」を「無効化」にします。

初期設定で有効になっているノイズ抑制機能をオフにすることで、不自然な補正がかかることなく、自然な音質になります。

当然ノイズが入りやすくなりますので、使用環境に応じて設定してください。この記事で紹介したモニタリング方法で、実際に音を聞いてみると良いでしょう。

マイクを変える

音の入口であるマイクを、パソコンの内蔵マイクではなく、外部マイクに変更します。

内蔵マイクの音質はあまり良くないうえ、周辺の音を拾いやすい構造になっているものも多いです。

そこで、マイクそのものを変えることで、音質を上げることができます。

  • Zoomで使うマイクを変えるときは、PCアプリで、「設定」>「オーディオ」と選択し、「マイク」または「Microphone」の項目で変更します。
  • 会議の最中でもマイクの変更は可能です。左下のマイクアイコンの横にある矢印をクリックし、使いたいマイクを選びます。

マイクの音質比較

では、どういったマイクを選ぶとZoomの音質が向上するのでしょうか。

実際に私が持っているマイクを使って比較検証しました。

後編でまとめていますので、ご覧ください。

「松江水燈路」の写真素材を販売中

松江城のライトアップイベント「松江水燈路」の画像データを、ウェブストアで販売しています。

Zoomなどのオンライン会議の背景画像や、PC・タブレット・スマホの壁紙にお使いいただけます。

また、プリントしてお部屋に飾り、インテリアとして「おうちで水燈路」を楽しんでいただけます。

※画像の収益の一部は、松江水燈路の運営費に充てられます。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

じゅんごSHISHOU

じゅんごSHISHOU

デジタルガジェット好きブロガー。
WEBデザイン・DTP・写真撮影・動画編集などの情報を配信します。
 
豅 純吾(ながたに じゅんご)
島根県松江市を拠点に、Webクリエイター・グラフィックデザイナー・カメラマンとして活動(公式サイト:Nagatani Jungo Net
 
浄土真宗本願寺派 順光寺住職
松江水燈路・チーム水燈路運営委員会・広報チームメンバー