YouTubeの配信に特別な機材は不要〜iPhoneだけで動画を投稿する方法

YouTubeの投稿には高価な機材が必要?

「YouTubeにペットや趣味の動画を投稿したいのですが、本格的なデジタルビデオカメラが必要でしょうか?」

「専用の編集アプリや音響機材も買わないとだめですか?」

YouTubeにご自分で撮った動画を投稿する人が増えてきました。YouTubeは、見るだけでなく発信するメディアとして広まっていることを感じます。

YouTubeで動画配信をしたい、という方が増えてきましたが、動画の投稿には本格的な機材が必要と思っておられる方が多いようです。

iPhoneだけでも充分

本格的な機材を揃えないと配信できないと思いがちですが、iPhoneだけでも簡単に高品質な動画をYouTubeに投稿することができます。

  • iPhoneのカメラは動画性能が高い
  • アイテムを使うことで、クオリティを上げることができる
  • iPhoneのアプリで編集・投稿できる

(今回はiPhoneで説明しますが、Androidなど、その他のスマートフォンも考え方は同じです)

順番に説明します。

iPhoneのカメラは動画性能が高い

iPhoneは新作がリリースされるたびに、動画性能が向上しています(2019年に発売されたiPhone11は、最高で4K・60fpsの画質でビデオ撮影ができます)。

数世代前から、iPhoneのカメラだけで、クオリティの高い動画撮影が可能になっています。

実例を見てみましょう。iPhoneを手で持って撮影した動画です。

夜間の撮影でも手持ちでしっかり撮影できています。音声もiPhoneのマイクからきちんと録音ができています。

iPhoneのビデオカメラは、YouTubeで鑑賞する動画を作るのに充分な性能を持っています。

アイテムを使うことで、クオリティを上げることができる

ジンバルや三脚など、周辺アクセサリを使うとさらに高画質なビデオを撮ることができます。

ジンバルを使う

ジンバルは、機械的な構造でスマートフォンを安定させる撮影アイテムです。歩きながらの動画撮影に便利です。

DJI Osmo Mobile 3

次の動画は、iPhoneとジンバル・DJI Osmo Mobile 3を使った作例です。

ライブ演奏をジンバルを使って撮影。歩きながらでも手振れが少なくなる。動き方によっては、臨場感あふれる動画に仕上がる。

カメラを手に持って歩きながら撮った動画は、上下に揺れて見づらくなります。ジンバルはそれを防いでくれるアイテムです。

三脚を使う

三脚を使うことで、より安定した動画を撮ることができます。

スマートフォンを固定するアダプターを使い、三脚でiPhoneを固定します。

iPhoneを三脚アダプターを使ってカメラ用の三脚に固定。普段、手帳型のスマホケースを使っている場合、アダプター使用時は、はずしてセットする。

最近は、アダプターとミニ三脚がセットになっているものもありますので、iPhoneと一緒に持ち出しておくと、いざというときに便利です。

Manfrotto ミニ三脚 PIXI Smart スマートフォンアダプターキット

タイムラプスも撮れる

三脚を使うことで、タイムラプスというおもしろい動画を撮ることもできます。

長い時間撮影した動画を早送りで再生する機能です。動きのゆったりしたものをスピードを早めて見ることができます。

タイムラプス動画の実例です。iPhoneを三脚で固定して撮影。並べられた行灯に一つずつ火をつけていく様子をタイムラプス撮影した動画です。

iPhoneを三脚に固定しタイムラプス動画を撮影。光が付いていく様子が見て取れる。

タイムラプスは長い時間、カメラを固定する必要があるので、三脚を使うと便利です。

iPhoneのアプリで編集・投稿できる

動画編集アプリを使うと、iPhoneの画面で動画の編集作業をすることができます。

複数の動画を組み合わせたり、簡単なテロップを入れたり、音楽を追加したりすることができます。ナレーションを後から入れることも可能です。

編集したら、YouTubeの公式アプリからアップロードできます。

実際の動画投稿手順

iPhoneだけでYouTubeに動画を投稿する具体的な手順を紹介します。

動画を撮影する

撮影の前に、動画撮影の設定をします。「設定」アプリの「カメラ」から、「ビデオ撮影」の項目をタップしてください。

最高4Kまで撮れますが、YouTubeに公開するなら、HD(1080p)で良いでしょう。

設定が終わったら、撮影を行います。「カメラ」アプリを開き、モードを「ビデオ」にします。

赤いボタンを押すと録画が始まります。録画を止めるときは、もう一度赤いボタンを押します。

動画を編集する

撮った動画を編集していきます。

純正のiMovieというアプリを使うと、iPhone上で簡単な動画編集ができます。

iPhoneで撮った動画をつなぎ合わせていきます。動画と動画のつなぎ目には、自動的にエフェクトがかかります。

動画だけでなく、音楽・静止画・ナレーションを入れていくこともできます。

「+」ボタンをタップすると、動画・オーディオ・静止画・アフレコといったコンテンツを追加することができる。

動画を投稿する

アプリを使って編集した映像を、ムービーとして書き出します。

YouTubeの公式アプリを使って、YouTubeに投稿します。(事前にYouTubeのチャンネルを作っておく必要あり)

動画サンプル

実際にiPhoneだけで編集・投稿した動画です。テロップもiPhoneのアプリで作っています。

「水燈路遠足交流会」というイベントの記録動画。テロップもiPhoneから入れた。

iMovieではなく、Adobe Premiere Rushというアプリで作っていますが、基本的な機能は、iMovieとほぼ同じです。Androidの方は、このAdobe Premiere Rushを使っても良いかもしれません。

iPhoneだけでYouTubeの作業環境を作ることができる

YouTubeへの投稿は本格的なビデオカメラや音響機材がないとできないのでは…と思っている方も多いと思います。

今回紹介したように、動画の撮影→編集→投稿という一連の作業が、iPhoneだけで完了します。

ビデオカメラとパソコンの組み合わせの場合、撮影と編集の間に取り込む作業が入ります。iPhoneを使うと、1台ですべての作業をまかなえることになりますね。

動画を撮ったら、たくさんの人に見てもらいたいですよね。iPhoneだけでも簡単に投稿できるので、試してみてください。

※動画のデータサイズは大きいので、YouTubeに投稿するときは、Wi-Fi環境で行いましょう。

  • ブックマーク
  • Feedly