スマホカメラでSNS映え~初心者のための撮影上達法【基礎編】

スマホもデジカメも基本は同じ

写真撮影のイベントやワークショップを企画したときに、参加された人から一番多い質問は、「スマートフォンできれいに写真を撮る方法」です。

理由を聞くと、「SNSで見映えのする写真を撮りたいから」という人がほとんどでした。

撮影の基本は、一眼レフカメラでもスマートフォンのカメラでも同じです。

普段写真を撮るとき、次のポイントを心がけるだけで、写真のクオリティが上がるのが実感できると思います。

  • 構図を考えて撮る
  • ピントを意識して撮る
  • 加工に頼らずに撮る

次の章で順番に説明します。「見映えの良い写真を撮りたい」という方の参考になればと思います。

構図を考えて撮る

写真の印象は、写っているものの構成や配置で決まります。安定した構図の写真を撮るコツを紹介します。

ガイド線(グリッド)を使う

カメラの液晶画面にガイド線(グリッド)を表示させて、撮影の目安に使います。

スマホのカメラを含むほとんどのカメラには、液晶画面にグリッドを表示させる機能が付いています。設定で「ON」にしておきましょう。

グリッドは、水平や垂直を合わせるために使いますが、被写体の置き場所の目安にもなります。

画面を縦横3分割するグリッド線を選択してください。

  • iPhoneの場合:「設定」アプリで「カメラ」を選択し「グリッド」をオン
  • Androidの場合:カメラの中にある「歯車マーク」や「スパナマーク」からグリッドを表示させる(画面上でグリッドのオン・オフができる機種もあります)

このグリット線の交差するポイント(4つあります)に、主題となるものを配置します。

構図が安定し主題が際立った見栄えの良い写真になります。この構図を「三分割法」といいます。

構図の決め方にはこれ以外にもありますが、わかりやすく、手軽に安定した構図を作れるのが三分割法です。撮影するときは、カメラのグリッド機能をぜひ活用してみてください。

主役の配置を考える

三分割法を使って撮っていきましょう。主役(メインとなる被写体)をグリッドの交差するところに置いていきます。

その時に、主役以外のものがたくさん写真に映っていると、どれが主役なのかわかりにくくなります。余白を意識して撮影するようにすると、主役が引き立つようになります。

壁・テーブル・空など、物がごちゃごちゃしていないものを大きく画面に入れると、主役が際立つ余白となります。

「主役を際立たせること=主題を明らかにすること」です。上手い写真というのは、何が伝えたいかが一目でわかる写真です。主役が際立つような配置をいろいろと試してみても良いでしょう。

ピントを意識して撮る

意外と忘れがちですが、被写体にはきちんとピントを合わせてください。

主役ではなく、背景にピントが合っている写真をたまに見かけます。これでは、せっかくの写真が台無しです。

ほとんどのスマートフォンのカメラは、タップしたところにピントが合うようになっています。デジタルカメラも、液書画面でピントを合わせる機能があるものが増えてきました。

写真の主役が映っている部分をタップし、ピントを合わせてから、シャッターボタンを押すようにしましょう。

  • 人物やペット:瞳にピントを合わせます。
  • 食べ物・小物:撮る人に一番近い手前側にピントを合わせます。

ピントがどこに合っているかも、写真の印象に大きく影響します。一番見せたいところ(主役)に、ピントを合わせるようにしましょう。

加工に頼らず撮る

フィルターやエフェクト機能など、画像加工にできるだけ頼らないつもりで写真を撮ると、撮影の腕が上達します。

SNSのアプリや写真編集アプリなどでは、様々なフィルタ(エフェクト加工する機能)で画像に加工やエフェクトを加えることができるので、「後で、エフェクトをかければ良いや」と思ってしまいがちです。

フィルターの中には、色の濃さや鮮やかさを極端に変えるものもあり、元々の写真の良さを壊してしまうこともあります。

また、「フィルターやエフェクトは一切使わない」という気持ちで撮ると、構図の撮り方・光の当たり具合・色の出方といった、撮影の基礎となることを体で覚えることができます。

後からフィルタをつけるという考えをなくして、写真を撮るとことを意識するだけで写真がどんどん上達していきます。

スマートフォンで素敵な写真を

普段から心がけて欲しいポイントをおさらいします。

  • 構図を考えて撮る
  • ピントを意識して撮る
  • 加工に頼らずに撮る

この3点に気を付けて撮影していくと、だんだん写真のクオリティが上がるのを実感できると思います。

お気に入りの作品ができたら、Instagram、LINE、Twitter、Facebookなど、SNSで共有してみましょう。

投稿するときは、ハッシュタグを付けて投稿すると、フォロワーさん以外の方からも反響があります。ハッシュタグの入力は意外と間違えやすいものです。正しい入力方法を別ページで紹介しています。参考にしてみてください。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

じゅんごSHISHOU

じゅんごSHISHOU

デジタルガジェット好き住職の趣味のブログです。
WEBデザイン・DTP・写真撮影・動画編集などの情報を配信します。
 
豅 純吾(ながたに じゅんご)
島根県松江市を拠点に、Webデザイナー・グラフィックデザイナー・カメラマンとして活動(公式サイト:Nagatani Jungo Net
 
浄土真宗本願寺派 順光寺住職
松江水燈路・チーム水燈路運営委員会・広報統括