動画がLINEで送れない!? 〜スマホで撮った動画を無料で手軽に共有する方法

LINEで動画が送れない or 勝手にカットされてしまう

女性 アイコン カジュアル 黄色

スマホで撮った30分の動画を、LINEで友達に送りたい。

でも、制限があって送れないみたい…

良い方法ない?

私の知人からの相談です。

話を聞いて、私も自分のスマホで試してみました。

LINEアプリで8分ぐらいの動画を選ぶと、「最大5分まで送信できます。」というメッセージが現れます。

5分を超える動画を選ぶと、メッセージが表示される(画面下部分)

試しに送信すると、5分の動画が相手に届きました。

LINEの動画送信には5分の時間制限があり、それ以上の長さだと、送るときに強制的にカットされるようです(2020年6月現在の情報です)。

LINEの動画送信には制限がある

動画はどうしてもファイルのサイズが大きくなります。サーバーを圧迫してしまうので、LINE側としても、できるだけ容量を抑えたいと考えているのでしょう。

動画を5分以内に短くトリミングしてあげれば、LINEで直接送ることは可能です。そうはいっても、動画をカットせずに全部送りたい時もありますよね。

この記事では、別のツールを使って、LINEで動画を送る方法を紹介します。

オンラインの画像保存ツールを経由して送る

先ほども書いたように、長時間の動画をLINEで直接送ることはできません。

そこで、オンラインツールを経由して動画を共有します。

動画を一旦オンライン上に保存し、共有リンクを送ることで、相手がその動画を見ることができるようになる、というわけです。

動画の共有には「Googleフォト」が無料で使いやすい

今回は、Googleが提供する「Googleフォト」を使います。使い勝手の良いクラウドツールで、私も愛用しています。

無料で、なおかつ容量は無制限

Googleフォトは、名前の通り、写真をオンライン上に保存するサービスですが、動画も保存できます。

女性 アイコン カジュアル 黄色

動画って、ファイルのサイズが大きいから、課金されるんじゃ…

Googleフォトの利用は無料で、保存容量は無制限です(ただし、ひとつのファイルの大きさ10GBまで)。

容量を気にせず無制限で使える代わりに、画質は少し悪くなります。とはいっても、スマホで見る分にはあまり気になりません。

スマホの機種を選ばない

女性 アイコン カジュアル 黄色

Googleのサービスってことは、Androidだけ?

私、iPhoneなんだけど…

Googleフォトは、AndroidにもiPhoneにも、Googleの純正アプリがあります。

また、受け取る相手は、スマホにアプリが入っていなくてもOKです(アプリが入っていない場合は、ブラウザが開きます)。

Googleフォトを使うと、スマホの機種に関係なく、動画の共有ができるというメリットがあります。

動画の共有は限定公開

女性 アイコン カジュアル 黄色

ネットに動画を公開して大丈夫?

誰かに見られてしまうことはない?

動画のリンク(アドレス・URL)を知っている人だけが、その動画を見ることができます。リンクが知られない限り、他人に見られることはまずありません。

LINEとGoogleフォトで動画をシェアするときの作業の流れ

大まかな流れは、次の通りです。

動画を送る人

  • Googleフォトに動画をアップロードする。
  • アップロードした動画の共有リンクを作る。
  • LINEでは「共有リンク」だけを送る。

動画を受け取る人

  • LINEで送られてきた「共有リンク」をタップする。
  • Googleフォト(またはブラウザ)が開き、アップロードされた動画が表示される。
  • Googleフォトの再生ボタンをタップし、アップロードされた動画を見る。

Googleフォトを経由して、LINEで動画を送る具体的な手順

それでは、具体的な手順を説明します(画像はiPhoneのスクリーンショットですが、Androidでも基本的な操作は同じです)。

Googleフォトのアプリをインストールする

まずは、アプリをスマホに入れます。AndroidもiPhoneもアプリは無料です。追加課金もありません。

Android版

iPhone版

インストールしたら、アプリを開き、Googleのアカウントでログインします。

※Googleのアカウントを持っていないときは、アカウント作成の項目をタップし、新規でアカウントを作ります。

送りたい動画をGoogleフォトにアップロードする

Googleフォトは、スマホで撮った動画や画像を自動的にオンラインに保存してくれるアプリです。

Googleフォトアプリの設定画面「バックアップと同期」から、「バックアップと同期」をオンにします。これで、スマホで撮影した動画や写真がGoogleフォトに自動で保存されるようになります。

アップロード中は、動画の右下の矢印がぐるぐる周ります。それが消えたらアップロードが完了したというサインです。

※私が検証したときは、30分で撮影した動画のアップロードに、5分ぐらいかかりました。Wi-Fiの速度にもよりますが、長い動画ほどアップロードにも時間がかかります。

動画のリンクを共有する

アップロードが完了したら(矢印の回転表示が消えたら)動画をタップして開きます。

「共有」アイコンをタップします。

共有メニューの中から、「リンクを作成」または「URLを作成」をタップします。

共有リンクを作成するかどうか確認されますので、「リンクを作成」をタップします。この時、動画のリンクがコピペされた状態になります。

LINEアプリを開き、送りたい相手のトーク画面を開きます。

後は、メッセージ欄に共有リンクを貼り付けて、送信するだけです。

受け取る人の操作(共有された動画を見る・保存する)

送信先の相手は、そのリンクをタップすると、動画を見ることができます。

前述の通り、リンクを知っている人しかこの動画を見ることはできませんので、他人に漏れる心配はありません。

また、相手側のスマホに、Googleフォトのアプリが入っていなくても大丈夫です。入っていない場合は、ChromeやSafariなどのブラウザで動画が開きます。

その動画を自分のスマホに保存することもできます。

アプリでの保存方法

保存した動画を開きます。

右上のメニューアイコンをタップし、「デバイスに保存」を選択します。

ブラウザでの保存方法(「Googleフォト」アプリが入っていない場合)

一覧画面で、右上のメニューアイコンをタップします。

「写真を選択してください」をタップした後、保存したい動画を選びます。

もう一度、右上のメニューアイコンをタップし、「ダウンロード」を選択します。

注意:「Googleドライブ」は容量制限あり

同じGoogleが提供する共有ツールに「Googleドライブ」というクラウドサービスがあります。

Googleドライブは、動画や写真だけでなく、いろんなファイルをオンラインで共有できますが、容量に制限がありますので、長い動画を保存するとあっという間に制限に達してしまいます。

(Googleドライブは、画質が劣化しないというメリットはありますが、今回のような場合にはGoogleフォトの方が良いと思います)

オンライン共有で手軽に動画送信

LINEに限らず、メッセージ・チャットアプリは、動画の送信に制限があることが多いです。

そこで、一度別のオンラインツールをはさむことで、容量の心配をせずに送ることができます。

また、オンラインサービスに一旦保存しておけば、自分でもアプリで見ることができます。スマホ本体に保存している動画を削除すれば、本体の容量の節約にもつながります。

Googleフォトは手軽に動画を共有したいときに便利なツールです。ぜひお試しください。

長い動画は、送るときも受けるときもWi-Fiにつないで

ちなみに、今回検証した動画は、長さが30分で、ファイルサイズは約4GB。これをWi-Fiを使わず携帯電話回線でアップロードすると、いわゆる「ギガが減る」状態になってしまいます。

これは、動画を受け取る人も同じです。Googleフォト側でサイズが小さくなるとはいえ、それなりの容量を使います。

文中でも書いたように、動画をオンラインで共有するときは、Wi-Fiにつないだ状態で行うようにしましょう。

私は自室で、BUFFALOのWi-Fiルーターを使っています。無線ルーターの定番メーカーのものですので、長い間安心して使えます。

BUFFALO QRsetup エアステーション 無線LAN親機 WSR-2533DHP2-CB

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

じゅんごSHISHOU

じゅんごSHISHOU

デジタルガジェット好き住職の趣味のブログです。
WEBデザイン・DTP・写真撮影・動画編集などの情報を配信します。
 
豅 純吾(ながたに じゅんご)
島根県松江市を拠点に、Webデザイナー・グラフィックデザイナー・カメラマンとして活動(公式サイト:Nagatani Jungo Net
 
浄土真宗本願寺派 順光寺住職
松江水燈路・チーム水燈路運営委員会・広報統括