紫陽花撮影の3つのヒント〜松江市・月照寺さんにて

しっとりと美しい姿が印象的な紫陽花の花。撮り方を少し工夫することで、その美しさが際立ちます。

この記事では、紫陽花を撮るときのヒントを3つ紹介します。

IA3X8501

今回の撮影場所は、「あじさい寺」として有名な外中原町・月照寺さん。今年は空梅雨のせいか開花が遅いようで、お寺の方に聞いたところ、まだ半分ぐらいの咲き具合とのことでした。

背景をボカす

今回の撮影で使ったレンズは、85ミリの単焦点レンズ。ポートレート撮影に使われることの多いこのレンズを使って紫陽花の花を撮影してみました。

IA3X8454

単焦点レンズは、被写界深度が浅い(ピントの合う範囲が狭い)ので、主役以外の部分を綺麗にボカすことができます。

背景をボカすことで主役が引き立ちます。月照寺さんの紫陽花は青色の花が多いので、緑と青という寒色を主体とした作品に仕上がります。

IA3X8457

緑のグラデーションに浮かぶ一輪の花。

IA3X8508

雨上がりを狙う

この日は雨上がりの撮影だったので、雨に濡れる美しい姿を写すことができました。

IA3X8528

時間ごとの天気予報を見ながら撮影時間を決めます。タイミングが合えば人もカメラも濡れることなく、水に濡れてしっとりとした雰囲気の作品をつくることができます。

下からのアングルで撮ってみる

しゃがんで下からガクアジサイを撮影しました。ちょうど上に木が生い茂っていたので、良い感じで木漏れ日が入り込んでくれました。

IA3X8467

同じ被写体を撮るときも、ちょっと視点を変えてみると面白い作品に仕上がります。

少しの工夫で写真が美しくなる

背景の写し方・撮るタイミング・撮る角度といったことを意識すると、写真の印章が変わってきます。

ただカメラを向けるだけでなく、いろいろと試しながら、作品を作り上げてください。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

じゅんごSHISHOU

じゅんごSHISHOU

デジタルガジェット好き住職の趣味のブログです。
WEBデザイン・DTP・写真撮影・動画編集などの情報を配信します。
 
豅 純吾(ながたに じゅんご)
島根県松江市を拠点に、Webデザイナー・グラフィックデザイナー・カメラマンとして活動(公式サイト:Nagatani Jungo Net
 
浄土真宗本願寺派 順光寺住職
松江水燈路・チーム水燈路運営委員会・広報統括