島根県立美術館 宍道湖うさぎ

着物が映える街「水の都・松江」。着物姿に彩られた松江の観光スポットを紹介します。着物が彩る松江の素敵な時間をお楽しみください。

あなたも着物を着て、松江の名所を歩いてみませんか?

松江城

観光都市・松江のシンボルです。2015年に国宝に指定されました。

四季折々に様々な表情を見せてくれます。

国宝 松江城ホームページ

ライトアップされた松江城天守閣をバックに(2017年 松江水燈路)
ライトアップされた松江城天守閣をバックに(2017年 松江水燈路)

松江城の桜(4月)

松江城の城山公園にはたくさんの桜の木が植えられており、日本さくら名所100選に選ばれています。

桜の時期になると城山公園で桜まつりが開催されます。夜桜も美しく、多くの人が松江城を訪れます。

松江城の夜桜(2015年 二の丸で撮影)
松江城の夜桜(2015年 二の丸・上の段)

初夏の松江城(5月)

5月になると、城山公園にはナンジャモンジャ(ヒトツバタゴ)の木に白い花が咲き誇ります。特にゴールデンウィーク中は見頃になります。また、ツツジの花も鮮やかな花を咲かせます。

松江着物時間 初夏の松江城
ナンジャモンジャ(ヒトツバタゴ)の木の下で(2015年 二の丸・下の段)
松江着物時間 初夏の松江城
白く美しい花が城内に咲き誇る(2015年 二の丸・下の段)
松江着物時間 初夏の松江城
城山に広がるツツジの香りを楽しめる季節(2015年 二の丸・下の段)

松江水燈路~秋の松江城を照らす光のイベント(10月)

「松江水燈路(読み方:まつえすいとうろ)」は、松江の秋を彩る光のイベント。毎年10月に松江城周辺で開催されます。

城内や城山周辺にたくさんの行燈が並べられ、幻想的な空間を作り出します。2003年から毎年開催されている松江の秋の風物詩です。

松江水燈路|島根県松江市観光イベント
松江水燈路について | Nagatani Jungo Photography

松江城天守閣と二の丸・上の段に並べられた行燈(2015年 松江水燈路)
松江城天守閣と二の丸・上の段に並べられた行燈(2015年 松江水燈路)
松江着物時間 in 松江城(松江水燈路2015)
行灯の光に照らされて(松江水燈路 2015)
松江着物時間 in 松江水燈路
二の丸の井戸にて行燈の光をバックに(2017年 松江水燈路)

興雲閣

興雲閣は、松江城二の丸の一角にある洋風の建物。明治期に迎賓館として建てられ、館内の装飾や調度品もその時代の雰囲気を醸しだしています。

島根県指定有形文化財 興雲閣 公式サイト

松江着物時間〜松江城興雲閣
雰囲気ある洋館のテラス(2016年 松江城興雲閣)
松江着物時間 冬の松江城興雲閣
階段踊り場の大きな窓(2016年 松江城興雲閣)
松江着物時間 冬の松江城興雲閣
洋館の全景(2016年 松江城興雲閣)

興雲閣のテラスは照明が明るく、松江水燈路のモデル撮影に最適なスポットでもあります。

松江着物時間 in 興雲閣(松江水燈路2015)
興雲閣のテラスから水燈路の行燈を眺める(2015年 松江水燈路)

堀川

江戸期当時の姿を残す松江城のお堀。お堀端は水辺の散歩道として人気があります。特に松江城北側の塩見縄手は、城下町の風情が残る散策エリアです。

堀川遊覧船を見ながらお堀端を歩く(2017年 堀川遊覧船乗場付近)
松江着物時間 松江城堀川夕涼み
夏は夕涼みに最適なスポット(2016年 塩見縄手)
松江着物時間 松江城堀川夕涼み
塩見縄手は江戸期の風情がそのまま残っている(2016年 武家屋敷前)

お堀には堀川遊覧船が運航しています。松江城を出発して城下町を船で巡る、松江の人気観光コンテンツです。約3.7kmのコースを約50分かけて運航します。

ぐるっと松江堀川めぐり

松江着物時間 堀川遊覧船
橋の上から遊覧船に手を振る(2015年 亀田橋)
松江着物時間 京橋川
京橋川を運行する遊覧船(2015年 京橋川)
松江着物時間 堀川遊覧船
大手前にある堀川遊覧船乗場。週末や祝日には多くの観光客で賑わう(2017年 松江城大手前)

宍道湖~大橋川

松江は「水の都」として知られています。松江市は宍道湖・中海という大きな湖に囲まれています。また、その2つの湖を結ぶ大きな川(大橋川)が市内中心部を流れています。水と街との距離が近いのが松江という街の特徴と言えます。

宍道湖湖畔(宍道湖うさぎ〜嫁ヶ島)

宍道湖を一望できる場所に位置する島根県立美術館。美術館前の芝生に、12のうさぎのブロンズ像があり、女性に人気のスポットになっています。

島根県立美術館|SHIMANE ART MUSEUM

島根県立美術館 宍道湖うさぎ
前から2番目に位置するうさぎ。多くの来訪者が頭をなでるため、表面がツルツルに(2016年 島根県立美術館前)

宍道湖には、嫁が島という島があります。全長110メートル、宍道湖に浮かぶ唯一の島です。

松江着物時間 宍道湖湖畔にて
嫁ヶ島をバックに。夕暮れ時には綺麗な夕陽を眺めることができる(2016年 宍道湖夕日スポット近辺)
宍道湖畔を歩く
宍道湖畔を歩く。独特の風情のある散歩道(2016年 宍道湖夕陽スポット近辺)
宍道湖の夕日と親子
宍道湖の夕日は「日本の夕陽百選」に選ばれている(2017年 宍道湖夕日スポット)

大橋川(松江大橋〜宍道湖大橋)

宍道湖と中海を結ぶ大橋川。松江市の中心部を流れる大きな川で、水の都・松江を象徴する存在です。松江市は、この川を境に橋北・橋南とエリアが分かれています。

市内中心部には、西から宍道湖大橋・松江大橋・松江新大橋・くにびき大橋という4つの橋がかかっています。また、郊外には縁結び大橋(松江だんだん道路)・中海大橋の2つの橋がかかり、合計6つの橋があります。

松江大橋

大橋川の橋の中で一番歴史が長い橋。松江の城下町を作る時に初代の木の橋がかけられました。今の橋は17代目にあたります。

景観を考えてデザインされており、日本百名橋にも選ばれました。松江を象徴する撮影スポットのひとつです。

松江着物時間 松江大橋
周辺の景色ともあいまってレトロな雰囲気で撮影できるスポット(2017年 松江大橋)
松江着物時間 松江大橋
松江大橋の南詰からは、松江城天守閣を望むことができる(2017年 源助公園)
松江着物時間 松江大橋
擬宝珠や行灯などのオブジェが、昔ながらの橋の姿を演出する(2017年 松江大橋)

宍道湖大橋

大橋川にかかる橋の中で、最も宍道湖側(上流側)に位置する橋。国道9号線と国道431号線(湖北線)を結ぶ交通の拠点となる橋で交通量も多く、二車線になっています。

宍道湖大橋の南詰から橋を眺める(2017年 白潟公園)

松江の街並み

京店商店街〜カラコロ工房

松江大橋の北詰に位置する京店商店街。石畳が敷かれ、京都の街並みを意識した街並みが整備されています。

松江着物時間 京店商店街
石畳の路は、雨が降るとしっとりとした雰囲気になる(2017年 京店商店街)

京店商店街の京橋川を挟んだ向かいにあるカラコロ工房は、元々は日本銀行松江支店として建設された建造物。夜になるとライトアップされ、京橋川にその姿が映し出されます。

松江着物時間 カラコロ工房
ライトアップされたカラコロ工房をバックに。撮影した時期はピンクリボン運動の一環としてピンク色のライトが点灯(2017年 京橋)

玉造温泉

古代から名湯として知られる玉造温泉。街を流れる玉湯川沿いに温泉旅館が立ち並び、松江・出雲観光の宿泊地にされることも多いスポットです。

玉造温泉公式サイト・たまなび

玉湯の街並み

歴史ある老舗旅館が立ち並ぶ玉造の街並み。ここ数年で、地元の若手クリエイターの方々による出店も増えてきました。

「松江着物時間」新緑の玉造編
趣のある温泉街の街並み(2015年 玉造アートボックス前)
「松江着物時間」新緑の玉造編
玉造温泉の街並み。新緑に着物姿が映える(2015年 玉造温泉街)
「松江着物時間」新緑の玉造編
玉作湯神社の前にかかる赤い橋の上で(2015年 宮橋)

玉湯川の桜

玉造温泉の春の名物。玉湯川沿いに植えられた桜並木が美しい光景を作り出します。夜にはライトアップされ、夜桜を楽しむこともできます。

松江着物時間〜玉湯川の桜
一面に広がる夜桜。川面に映る姿も美しい(2015年 玉湯川)
松江着物時間 玉湯川の夜桜
夜桜のライトは光量があり、夜のポートレート撮影にも最適(2015年 玉湯川)
夜桜と月(2015年 玉湯川)

月照寺

松江城の西、外中原町にある浄土宗の寺院です。約3万本の紫陽花が植えられ、「アジサイ寺」として親しまれています。6月中旬に紫陽花の花が見頃になります。

松江藩主・松平家ゆかりの寺院であり、境内には歴代藩主のお墓があります。小泉八雲もこのお寺を気に入っていたと言われます。

月照寺 | 水の都松江 松江観光協会 公式サイト

松江着物時間~月照寺の紫陽花
紫陽花が鮮やかな花を咲かせる(2015年 月照寺)
松江着物時間 月照寺の大亀
境内奥にある大亀の石像。夜な夜な城下を徘徊したので、石碑を立てて閉じ込めたいう言い伝えがある(2015年 月照寺)
松江着物時間~月照寺の紫陽花
庭園を眺めながらゆったり過ごすことのできる和室(2015年 月照寺)

由志園

中海に浮かび、牡丹で有名な大根島。由志園はその大根島にある日本庭園です。

由志園公式サイト

毎年紅葉の時期に合わせてライトアップされます。光に照らされ、庭園がひときわ美しく輝きます。

松江着物時間 由志園ライトアップ
紅葉がライトアップされ、庭園の池に映り込む光景は見事(2014年 由志園)
松江着物時間〜由志園(大根島)の紅葉
秋の日本庭園(2014年 由志園)
庭園内にはイルミネーションも(2014年 由志園)

松江フォーゲルパーク

松江市大垣町にある、花と鳥のテーマパーク。世界最大級の温室があり、フクロウショーやケープペンギンの散歩、熱帯の鳥とのふれあいコーナーなどのアトラクションを楽しむことができます。

松江フォーゲルパーク公式サイト

松江着物時間〜松江フォーゲルパーク
温室の花をバックに(2014年 フォーゲルパーク)
松江着物時間 フォーゲルパーク
撮影用に設けられたコーナー(2014年 フォーゲルパーク)
松江着物時間 フォーゲルパーク
水面に浮かべられたベゴニアの花(2014年 フォーゲルパーク)

「松江着物時間」について

スタッフ

モデル担当

江畑春奈 えばた はるな

松江着物時間 モデル担当 江畑春奈

島根県松江市出身。
元・松江城観光ガイド「ちどり娘」。
着物と松江をこよなく愛し、その魅力を発信する活動を行っています。
「松江の着物人口が増え、街を華やかに彩ることで観光に活気を生み出したい」という思いから、2014年11月、「松江着物時間」の活動をスタート。

撮影担当

豅 純吾 ながたに じゅんご

松江着物時間 撮影担当 豅純吾

島根県松江市出身。
浄土真宗本願寺派 順光寺の副住職。
写真家僧侶として、作品を通し「いのちのつながり」「いのちの大切さ」を伝えています。
島根県松江市を拠点に、フォトグラファー、Webデザイナー、グラフィックデザイナーとして活動。地元・松江の魅力を写真で発信しています。
松江の秋の光のイベント「松江水燈路」広報チームメンバー。

メディア掲載

写真展

松江着物時間 SNSアカウント

SNSで最新情報を発信しています。アカウントをお持ちの方はフォローお願いします。

「松江着物時間」についてのお問い合わせ

「松江着物時間」では、写真展を開催いただけるお店、一緒に活動してくれる仲間を募集しています。また、取材・寄稿のご依頼も承っています。

「松江着物時間」についてのお問い合わせ・ご依頼は、撮影担当の豅(ながたに)まで、お問い合わせページからご連絡ください(お問い合わせページはスマートフォンにも対応しています)。

また、SNSアカウントへのメッセージも承ります。アカウントをお持ちの方はこちらもご利用ください。