Canon EOS RP〜フルサイズのミラーレスカメラ

先日、Canon EOS RPを購入しました。Canon初のフルサイズミラーレスカメラとして登場した EOS Rの弟分的なカメラです。

ボディだけ入手。今持っているEFレンズを使うため、Rマウントを付けます。

私にとっては、Canon EOS Mに次いで2台目のミラーレス機。一眼レフカメラと比べて薄く軽量なので、取り回しが良く、イベント撮影で活躍してくれそうです。

https://amzn.to/2Kl6ZCw

「RP」ですが、ボディのロゴは「R」です。

EOS RPイベント撮影デビュー

5月11日、宍道の水燈路イベントで、イベント撮影デビュー。

一緒に撮影した広報チームの木戸さんのカメラはSony α7Ⅲ

一緒に撮影した、広報チームメンバー・木戸さんの愛機、Sony α7Ⅲ

同じフルサイズミラーレスカメラなので、性能比較の検証もできました。

最大の違いはバッテリーの持ち…??

16時30分に現地到着、撮影終了は21時前。撮影枚数は約250枚。2人とも撮った枚数は同じぐらいかと思います。

最後の最後で、EOS RPはバッテリー切れ。木戸さんのα7Ⅲはまだ半分ぐらい残量に余裕のある状態。

モバイルバッテリーで出先でも充電はできる…が

EOS RPはUSB-Cケーブルでバッテリ充電ができるので、手持ちのモバイルバッテリーから充電しました。

モバイルバッテリーをケーブルで繋ぎ、本体の電源をオフの状態にすると充電が始まる。

純正の充電アクセサリーを使わなくても、他社製のモバイルバッテリーで充電ができます。私は、Ankerのモバイルバッテリー PowerCore 10000 PD にUSB−Cケーブル PowerLine を繋げて本体を充電しました。

電源が始まると、緑色のライトが光る。

ただし、充電している間は撮影はできません。別売りのACアダプターを使えば電源に繋げながら撮影もできますが、USBケーブル接続の場合は給電ではなく、バッテリーの充電のみのようです。

撮影できない間は木戸さんに写真をお任せし、私は充電待機。

充電中は撮影できないもどかしさ…

充電は、思った以上に時間がかかりました。撮影が再開できるようになるまで、20分はかかったでしょうか。

長時間のイベント撮影中に、モバイルバッテリーでの充電は現実的ではないようです。予備バッテリーを追加で入手した方が良いかもしれませんね。

EOS Mもそうでしたが、Canonのミラーレス機はバッテリー持ちがあまり良くない印象です。

ただ、同価格帯のニコンのフルサイズミラーレスも、同程度のバッテリー持ちとのこと。もしかしたら、ソニーのバッテリー性能が飛び抜けて優秀なのかもしれません。

イベント撮影で予備バッテリーはマストアイテム

ともあれ、EOS RPを長時間使う時には、予備バッテリーが必須なことがよくわかりました。

今月にはホーランエンヤの撮影も控えているので、この日の撮影の後、早速、予備バッテリーを注文。

https://amzn.to/2LZ4zuM

サードパーティの互換バッテリーの方がリーズナブルなんですが、動作保証外なので、純正のバッテリーを購入しました。

EOS RPとα7Ⅲの作例比較

水燈路のInstagramにアップした木戸さんの投稿と私の投稿。同じイベントの撮影でも、視点の違いが面白いです。

ロイヤリティフリーの素材用画像データを販売しています

プロ向けの画像や動画の素材を販売している「Adobe Stock」で、ロイヤリティフリーの素材を販売しています。
「Adobe Stock」は、Adobe製品との連携がスムーズなのが特長です。
Photoshop、InDesign、IllustratorといったAdobeのアプリで直接購入・管理ができます。
お好きな作品をお選びいただき、ご活用ください。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

豅 純吾(ながたに じゅんご)

浄土真宗本願寺派 順光寺の住職(宗教法人代表役員)。

島根県松江市を拠点に、カメラマン、Webデザイナー、グラフィックデザイナーとして活動。地元・松江の魅力を発信しています(制作実績一覧)。

2014年より松江城の光のイベント「松江水燈路」の企画に参加。現在、チーム水燈路運営委員。広報チームメンバーとして、SNS運用・写真撮影・Webサイトデザイン・フライヤーデザインなどを担当。

» 詳細プロフィール

Webサイト制作・印刷物のデザイン・撮影・まちづくり活動のご相談、取材のご依頼などお問い合わせページからお気軽にご連絡ください。
(お問い合わせページはスマートフォンにも対応しています)