松江水燈路in宍道×NCF春夜祭〜春の宍道を照らす行燈のあかり

  「松江水燈路in宍道」 会場入口を照らすサイコロ行燈
「松江水燈路in宍道」 会場入口を照らすサイコロ行燈

「松江水燈路in宍道」に広報チームメンバーで参加

2019年5月11日に宍道町で開催された、地域団体「Newcalfesta(ニューカルフェスタ)」さん主催による、「松江水燈路in宍道×NCF春夜祭」。

この企画は松江水燈路の関連イベントでもあり、広報チームメンバーの木戸さんと一緒に撮影班として参加しました。

会場は、JR宍道駅前のくらしステーションしんじアエルネ(宍道公民館)。2016年に竣工した建物とのことで、広く立派な施設です。

お馴染みの行燈が宍道の街にお目見え

アーティスト行燈、テキスタイル行燈、そして、しまねっこねぶたなど、秋の松江水燈路でお馴染みの行燈が奥の広場に展示されました。

 「松江水燈路in宍道」 広場のアーティスト行燈
「松江水燈路in宍道」 広場のアーティスト行燈
 「松江水燈路in宍道」 しまねっこねぶた
「松江水燈路in宍道」 しまねっこねぶた

宍道町のオリジナル行燈

三角形のオリジナル行燈。高さは2m。イベントのシンボルとしてこの日のために作られたものです。

「松江水燈路in宍道」 三角形のオリジナル行燈

入り口の広場には、およそ200個のサイコロ行燈が並べられました。宍道町の方の手作りとのことで、ロウソクの日がゆらめき、美しい光景を作り出していました。

「松江水燈路in宍道」 入口付近の広場

広報チームの作品

現地では、木戸さんと私とであちこちを撮影して回りました。それぞれ、水燈路のSNSアカウントに公開しています。

木戸さんの作品

私の作品

木戸さんの作品は人や料理が中心。私はイベントの全景や子どもたちを中心に撮影。

翌日、Googleフォトでお互いの写真を共有して見比べました。同じイベントを撮っても視点が違うので、興味深かったです。

この日は、新しく手にしたCanon EOS RPのイベント撮影デビュー。木戸さんの愛機は、Sony α7Ⅲ。どちらもフルサイズのミラーレスカメラ。性能比較の検証もできました。

木戸さんの愛機、Sony α7Ⅲ

イベントのレポート

この団体のリーダーは、チーム水燈路のメンバーでもある高橋さん。当日は、広報チームメンバーにもいろいろと気を配ってくださいました。準備段階から大変だったと思います。お疲れさまでした。

イベントの詳細レポートは、主催のNewcalfestaさんのサイトをご覧ください。レポートの中で私の撮影した写真も使われています。

松江水燈路in宍道×NCF春夜祭 レポート
公式発表では来場客数1,200名!(過去最多)大変たくさんの方にご来場いただき嬉しいです!ありがとうございました!!令和最初のNewcalfesta主催イベントが無事終了しました!写真とともに当日の様

私も、チーム水燈路サイトに当日のレポートを投稿しました。