メジロと梅~松江城椿谷梅林にて

ようやく春めいてきた3月初旬。カメラを持って松江城の椿谷へ。

この時期は、梅の花の蜜を求めてメジロたちが梅林にやって来ます。

メジロと梅~松江城椿谷梅林にて

城山の裏手、椿谷の一角にある梅林。この日は七分咲きぐらい。

メジロと梅~松江城椿谷梅林にて

驚かさないようにズームレンズで遠くから撮影します。

メジロと梅~松江城椿谷梅林にて

とはいっても、200mmレンズでは限界があります。掲載画像は少しだけトリミングしています。

野鳥に詳しい友人の話によると、一般的に「うぐいす色」と言われていますが、ウグイス自身は警戒心が強く、目立たない灰色をしているんだそうです。
そういえば、ウグイスの鳴き声は聞こえましたが、姿は見えず。

むしろ、メジロの羽の色の方が「うぐいす色」に近いですね。

午後2時頃から撮影を始めましたが、3時を過ぎるとメジロの姿が見えなくなりました。巣に帰っていったのかもしれません。

短い時間でしたが、メジロと梅の撮影を楽しむことができました。1ヶ月もすると桜の季節。城山の桜撮影も楽しみです。

撮影スポットデータ

スポット
松江城の梅林(松江城山公園内)
住所
〒690-0887 島根県松江市殿町城山
電話
0852-21-4030
URL
http://www.matsue-tourism.or.jp/m_castle/
駐車場
城山西駐車場または大手前駐車場(有料) ※土日祝日は県庁駐車場も駐車可能(無料開放)
コメント
梅のピークは3月上旬~中旬
地図

撮影機材

カメラ
Canon EOS 1D MarkⅡ
レンズ
Canon EF70-200mm F2.8L IS USM
現像アプリ
Adobe Lightroom
その他機材

Nagatani Jungo Web Store

ウェブストアにて、画像データのダウンロード販売を行っています。
お好きな商品をお求めください。

※松江水燈路に関する商品の収益の一部は、松江水燈路を主催する「松江ライトアップキャラバン実行委員会」を通し、松江水燈路の運営費に充てられます。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

豅 純吾(ながたに じゅんご)

島根県松江市を拠点に、Webデザイナー、グラフィックデザイナー、カメラマンとして活動。地元・松江の魅力を発信しています。

ウェブストアにて、画像データを販売中。

チーム水燈路運営委員・広報担当。水燈路のSNS運用・写真撮影・Webサイトデザイン・フライヤーデザインなどを担当。

浄土真宗本願寺派 順光寺の住職(宗教法人代表役員)。

Webサイト制作・印刷物のデザイン・写真撮影のご依頼・ご相談などお問い合わせページからお気軽にご連絡ください。