武家屋敷の行燈(松江水燈路2015)

「松江水燈路(読み方:まつえすいとうろ)」メイン開催日(土日祝日)の夜は、武家屋敷が無料開放。

ライブイベントが行われたり、カフェブースができたりゆったりと過ごせる雰囲気になります。

武家屋敷の行燈 (松江水燈路 2015)

毎年恒例となった、照明デザイナー内原智史氏によるライトアップ。かぐや姫が出てきそうな佇まい。

武家屋敷の行燈 (松江水燈路 2015)

松江城とは違った形の行燈が多数。

武家屋敷の行燈 (松江水燈路 2015)

島根大学の学生が作ったLEDのオブジェ。ここで記念撮影をしてもらえます。

武家屋敷の行燈 (松江水燈路 2015)

今年も設置された藍染の行燈。この色合いが良いのです。

武家屋敷の行燈 (松江水燈路 2015)

松江城とは違った雰囲気で、武家屋敷は水燈路の隠れスポットととして人気なんだそうです。

Nagatani Jungo Web Store

ウェブストアにて、画像データのダウンロード販売を行っています。
お好きな商品をお求めください。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

豅 純吾(ながたに じゅんご)

島根県松江市を拠点に、Webデザイナー、グラフィックデザイナー、カメラマンとして活動。地元・松江の魅力を発信しています。

チーム水燈路運営委員・広報担当。水燈路のSNS運用・写真撮影・Webサイトデザイン・フライヤーデザインなどを担当。

浄土真宗本願寺派 順光寺の住職(宗教法人代表役員)。

Webサイト制作・印刷物のデザイン・写真撮影のご依頼・ご相談などお問い合わせページからお気軽にご連絡ください。