朝日新聞元気力6

朝日新聞島根版コラム「元気力」、第6回が掲載されました。

今回は、「地元に貢献ができる喜び」と題し、「松江水燈路(読み方:まつえすいとうろ)」について書かせてもらいました。

関連企画である僕の個展「光の道標」&大正浪漫着付けイベントの紹介。

僧侶として、写真家として、地元の観光振興に貢献できることを嬉しく思います。
両イベントとも開催まで2ヶ月を切りました。準備は着々と進んでいます。

ウェブ版が公開されました。リンク先から全文がご覧いただけます。

朝日新聞デジタル:6―地元に貢献ができる喜び – 島根 – 地域

ロイヤリティフリーの素材用画像データを販売しています

プロ向けの画像や動画の素材を販売している「Adobe Stock」で、ロイヤリティフリーの素材を販売しています。
「Adobe Stock」は、Adobe製品との連携がスムーズなのが特長です。
Photoshop、InDesign、IllustratorといったAdobeのアプリで直接購入・管理ができます。
お好きな作品をお選びいただき、ご活用ください。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

豅 純吾(ながたに じゅんご)

浄土真宗本願寺派 順光寺の住職(宗教法人代表役員)。

島根県松江市を拠点に、カメラマン、Webデザイナー、グラフィックデザイナーとして活動。地元・松江の魅力を発信しています(制作実績一覧)。

2014年より松江城の光のイベント「松江水燈路」の企画に参加。現在、チーム水燈路運営委員。広報チームメンバーとして、SNS運用・写真撮影・Webサイトデザイン・フライヤーデザインなどを担当。

» 詳細プロフィール

Webサイト制作・印刷物のデザイン・撮影・まちづくり活動のご相談、取材のご依頼などお問い合わせページからお気軽にご連絡ください。
(お問い合わせページはスマートフォンにも対応しています)