読売新聞 島根版(26面)2010年11月1日

11月1日(月)読売新聞 島根版の26面「人・華・ひと」というコーナーに、インタビュー記事が掲載されました。
(ブログ掲載許可をいただいています。)

取材を受けたのは、10月29日(金)。
若坊守も交えての1時間半のインタビュー。笑いの絶えない楽しい取材でした。

お寺は敷居の高い場所ではなく、地域に開かれた場所であり、地域コミュニティの中心であるー
そういったお寺の姿を構築するために、どうすれば良いのかというのが僕自身の課題です。

そして、もちろん、記事の文末でも述べていますが、「寺は仏法に触れる場」です。
お寺に気軽にお参りしてもらい、仏法に触れる最初の一歩にしてもらえるような取り組みを、今後も続けていきたいなと思っています。

担当記者の方には、大変お世話になりました。あっという間に時間が過ぎた楽しい取材となりました。
この場を借りてお礼申し上げます。

「松江水燈路」の写真素材を販売中

松江城のライトアップイベント「松江水燈路」の画像データを、ウェブストアで販売しています。

Zoomなどのオンライン会議の背景画像や、PC・タブレット・スマホの壁紙にお使いいただけます。

また、プリントしてお部屋に飾り、インテリアとして「おうちで水燈路」を楽しんでいただけます。

※画像の収益の一部は、松江水燈路の運営費に充てられます。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

豅 純吾(ながたに じゅんご)

島根県松江市を拠点に、Webクリエイター、グラフィックデザイナー、カメラマンとして活動。地元・松江の魅力を発信しています。

ウェブストアで、画像データを販売中。

チーム水燈路運営委員・広報担当。水燈路のSNS運用・写真撮影・Webサイトデザイン・フライヤーデザインなどを担当。

浄土真宗本願寺派 順光寺の住職(宗教法人代表役員)。

Webサイト制作・印刷物のデザイン・写真撮影のご依頼・ご相談などお問い合わせページからお気軽にご連絡ください。