「松江水燈路(読み方:まつえすいとうろ)」は、松江城周辺をライトアップする光のイベント。今年は10月に開催。

平日は、松江城二の丸に行灯が多数。

IA3X3082

IA3X3101

 

これは、ヤクルトの容器を使った灯籠。

IA3X3087

 

土日は堀端にたくさんの行灯が並びます。
その中に一際輝く行灯ひとつ。順光寺で11/23に開催される「寺マルシェ」行灯。スタッフの皆さんの手作り。

IA3X3231

 

やはり一番の見所は照明船に照らされた塩見縄手。

IA3X3288

IA3X3293

 

武家屋敷の庭は、今年も竹林がライトアップ。

IA3X3265

 

水燈路は、夏の水郷祭ほどの派手さはないですが、城下町・松江の趣きを今に伝える素晴らしいイベントだと思います。

街灯が消え、一寸先も見えない暗闇。その闇を照らしてくれる行灯の火は、人を導き、心を落ち着かせてくれます。

IA3X3311

Nagatani Jungo Web Store

ウェブストアにて、画像データのダウンロード販売を行っています。
お好きな商品をお求めください。

※松江水燈路に関する商品の収益の一部は、松江水燈路を主催する「松江ライトアップキャラバン実行委員会」を通し、松江水燈路の運営費に充てられます。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

豅 純吾(ながたに じゅんご)

島根県松江市を拠点に、Webデザイナー、グラフィックデザイナー、カメラマンとして活動。地元・松江の魅力を発信しています。

ウェブストアにて、画像データを販売中。

チーム水燈路運営委員・広報担当。水燈路のSNS運用・写真撮影・Webサイトデザイン・フライヤーデザインなどを担当。

浄土真宗本願寺派 順光寺の住職(宗教法人代表役員)。

Webサイト制作・印刷物のデザイン・写真撮影のご依頼・ご相談などお問い合わせページからお気軽にご連絡ください。