紫陽花撮影のヒント〜松江市・月照寺さんにて

IA3X8501

「あじさい寺」として有名な外中原町・月照寺さん。今年は空梅雨のせいか開花が遅いようで、お寺の方に聞いたところ、まだ半分ぐらいの咲き具合とのこと。

背景をボカす

今回の撮影で使ったレンズは、85ミリの単焦点レンズ。ポートレート撮影に使われることの多いこのレンズを使って紫陽花の花を撮影してみました。

IA3X8454

単焦点レンズは、被写界深度が浅い(ピントの合う範囲が狭い)ので、主役以外の部分を綺麗にボカすことができます。

背景をボカすことで主役が引き立ちます。月照寺さんの紫陽花は青色の花が多いので、緑と青という寒色を主体とした作品に仕上がります。

IA3X8457

緑のグラデーションに浮かぶ一輪の花。

IA3X8508

雨上がりを狙う

この日は雨上がりの撮影だったので、雨に濡れる美しい姿を写すことができました。

IA3X8528

時間ごとの天気予報を見ながら撮影時間を決めます。タイミングが合えば人もカメラも濡れることなく、水に濡れてしっとりとした雰囲気の作品をつくることができます。

下からのアングルで撮ってみる

しゃがんで下からガクアジサイを撮影しました。ちょうど上に木が生い茂っていたので、良い感じで木漏れ日が入り込んでくれました。

IA3X8467

同じ被写体を撮るときも、ちょっと視点を変えてみると面白い作品に仕上がります。

[cft format=0]

お気軽にご連絡ください
Webサイト制作・印刷物のデザイン・撮影・まちづくり活動のご相談、取材のご依頼などお問い合わせページからお気軽にご連絡ください。
フォトコラム
スポンサーリンク
豅 純吾(ながたに じゅんご)をフォローする
スポンサーリンク
Nagatani Jungo Create