松江水燈路2016〜松江城下を照らす行灯の明かり

松江水燈路2016

今年も「松江水燈路(読み方:まつえすいとうろ)」が開催されました。2016年の開催で14回目。秋の松江の風物詩としてすっかり定着したライトアップイベントです。

準備風景。松江観光協会やボランティアスタッフの皆さんの手で設営が行われました。

アーティスト行灯の設置が着々と… #水燈路 #アーティスト行灯 #松江城 #二の丸

松江水燈路さん(@matsue.suitouro)が投稿した写真 –

例年通り、10月1日(土)スタート。10月31日(月)まで、1ヶ月にわたって開催されました。

松江城 二の丸上ノ段

松江城や興雲閣をバックに並ぶたくさんの行灯。今年は、大きな立方体の行灯が登場しました。

松江水燈路2016

松江総合ビジネスカレッジの学生さんが作った大型屏風行灯。今年も夜の興雲閣を彩ります。

松江水燈路 屏風行灯と興雲閣

松江城天守閣とテキスタイル大行灯

今年の水燈路の見どころのひとつ。松江城天守閣前にお目見えした大きな縦長の行灯。

松江水燈路2016 テキスタイル大行灯

布地が貼られており、人よりも背の高い行灯です。この前で記念撮影をする方々多数。

このテキスタイル大行灯は、出雲の布工房・ミツトリヒトギさんによる制作です。

ねぶた型「まねき猫行灯」

私一押しの猫行灯。昨年から水燈路に登場し、人気を博しています。

ねぶた型「まねき猫行灯」

この「猫形ねぶた行灯」は昨年からお目見えしました。京都造形芸術大の協力で制作されたものです。

今年は大手前の階段と塩見縄手のバス停ベンチで発見。可愛らしい姿に女性ファンが増えている模様。

ねぶた型「まねき猫行灯」

ねぶた型猫行灯の企画には、地元のイラストレーター・八巻さんが携わっておられます。

塩見縄手の藍染行灯

青い光を放つ藍染行灯。

松江水燈路 藍染行灯

昨年は武家屋敷に展示されていましたが、今年の10月1日から再来年の3月まで武家屋敷の保存修理工事が行われるため、今年、藍染行灯は塩見縄手のお堀端に展示されました。

例年、武家屋敷に開かれていたカフェブースも、今年は塩見縄手に移動。

いにしえの光と音

10月30日土曜日、メイン展示のファイナル。興雲閣をバックに、尼子太鼓の音が響きました。

松江水燈路2016 いにしえの光と音

そして、その光景を囲むように和傘とキャンドルライトが配置され、水燈路のラストを飾ります。

キャンドルの揺らめき #水燈路 #candle #candlelight

豅 純吾さん(@nagatani_jungo)が投稿した動画 –

キャンドルはempfangen candleさん、和傘は和傘工房・初音さんの制作です。

2016年 松江水燈路フィナーレイベント 「いにしえの光と音」 今年もお天気良く無事に迎えることができました。お越しいただきましたみなさま、応援をしてくださったみなさま、ありがとうございました。 たくさんの方に様々な角度で写真を残していただき、早速SNSで楽しませていただいておりました。 Instagram、Facebookでは #水燈路 #松江水燈路 でお楽しみくださいー✨ 松江城を中心に光をテーマとした地元アーティストさんや作家さんの作品が並び、期間中何度も足を運ばれる方も、この時期の合わせて観光にいらっしゃる方も増えています。嬉しいですね(^-^) 松江水燈路に出店をするようになり、empfangen-candleは今年で10年目を迎える記念の年でした。年々水燈路の仲間が増えてゆき、毎年水燈路メンバーとの再会を楽しみ、年を重ねる度に来てくださるみなさまと子どもたちの成長に出会える喜びがたくさん。 私自身子どもを出産し、創作活動を緩やかに再開しつつ意を決して背中を押してくれた友人のお陰もあり、現在私たちの活動のベースがぎゅっとして広がったのは水燈路なのです。 様々な出逢いや、体験、経験から自身のお店を構えるようになり4年。実店舗を構えてからは毎週出店することはなりましたが、コアなメンバーの仲間と新しい方々と出逢える夜の松江城へ向かうととても安心しちゃいます。 思い出話しをしてしまうと、いけませんね。 ふと、いつから参加しているかなと辿ってみるとついつい蘇る楽しみに浸ってしまいます。。 http://empfangen-candle.wixsite.com/empfangen よろしかったら、遊びにいらしてください。 今年も残すところあと2ヶ月。 これからもempfangen-candle & はこぶね-玉造アートボックスをよろしくお願いいたします。

はこぶねとキャンドルとさん(@empfangen_hakobune)が投稿した写真 –

松江水燈路 公式Instagramアカウント

今年から、水燈路のInstagramアカウントが開設されることになり、私もお手伝いさせてもらうことになりました。

水燈路の魅力を写真で発信します。
Instagramアカウントをお持ちでしたら、フォローをお願いします。

ハッシュタグ「#水燈路」

Instagramがスタートしたことに合わせて、SNS上で「#水燈路」「#松江水燈路」が混在していたので、公式側としては「#水燈路」に統一することになりました。

InstagramやTwitterで「#水燈路」で検索すると、さまざまな角度から撮影された水燈路の写真がご覧いただけます。

Instagram


#水燈路

Twitter

松江お坊さんカフェ「松江水燈路特別編」

私も僧侶メンバーとして携わっている「松江お坊さんカフェ」が今年も水燈路とコラボし、松江城・太鼓楼でオープンイベントを開催させてもらいました。

トークタイムとリレー法話に、たくさんの皆さまにご参加いただきました。

当日のレポートが中国新聞に大きく掲載されました。県外の方に水燈路やお坊さんカフェのことを知っていただけるのはありがたいですね。

水燈路写真展ご来場のお礼

9月に島根県民会館プロムナード、10月に松江歴史館で、水燈路のPR企画として開催した私の写真展「松江水燈路写真展〜光の道標」。

本当に多数のご来場をいただきました。この場を借りてお礼申しあげます。

松江水燈路写真展 光の道標2016

写真展の開催にあたっては、松江観光協会、島根県民会館、松江歴史館の皆さんにご協力をいただきました。ありがとうごさいました。

会場のメッセージノートにも多くのコメントをいただき、嬉しく思います。
来年も今年と同じような形で開催できればと思っています。

お気軽にご連絡ください。

浄土真宗本願寺派 順光寺の副住職。
写真家僧侶として、作品を通し「いのちのつながり」「いのちの大切さ」を伝えています。
島根県松江市を拠点に、フォトグラファー、Webデザイナー、グラフィックデザイナーとして活動。地元・松江の魅力を写真で発信しています(» 制作実績)。
また、「お寺は地域と共にあるもの」という思いから、地域のまちづくり活動にも積極的に参加しています。
Webサイト制作・印刷物のデザイン・撮影・まちづくり活動のご相談、取材のご依頼などお問い合わせページからお気軽にご連絡ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す