夜間特別公開「西本願寺 花灯明」〜史上初めてのライトアップ

夜間特別公開「西本願寺 花灯明」〜史上初めてのライトアップ

本山のライトアップ「西本願寺 花灯明」に行ってきました。

10月1日から始まった「第25代専如門主 伝灯奉告法要」の協賛行事です。

第25代専如門主の伝灯奉告法要を記念して、世界文化遺産である西本願寺史上初めてライトアップを行い、夜間特別公開を行います。
幻想的かつ華やかに彩られた本願寺で、心あたたまる時間をお過ごしください。

青色青光 黄色黄光 赤色赤光 白色白光

国宝に指定されている両堂(御影堂・阿弥陀堂)が青、黄、赤、白の4色のライトで照らされていました。

「青色青光 黄色黄光 赤色赤光 白色白光」。阿弥陀経に書かれたお浄土の世界が表現されています。

プロジェクトマッピング的な演出もあり、綺麗です。

動画をYouTubeに公開しましたので、ぜひご覧ください

西本願寺史上初めてのライトアップ

西本願寺のライトアップは初めての試みだそうで、10月1日から10月10日まで開催されます。

開催時間は18時30分〜21時30分。先着3000名限定ですが、飛雲閣のライトアップも見ることができます(ただし、飛雲閣での撮影は禁止)

入り口でしおりを受け取りました。これが入場券の代わりになります。

入場時、特別公開懇志として、大人500円、こども300円以上の進納依頼があります。
この特別公開懇志は、浄土真宗本願寺派たすけあい運動募金「平成二十八年熊本地震」災害義援金となります。

ご来場される方は、どうぞご協力ください。

第25代専如門主伝灯奉告法要 協賛行事「西本願寺 夜間特別公開」の実施について|浄土真宗本願寺派 伝灯奉告法要
伝灯奉告法要は、宗祖・親鸞聖人があきらかにされた「浄土真宗のみ教え」が第25代専如門主に伝えられたことを奉告するとともに、み教えが広く伝わることを願い、執り行う法要です。

お気軽にご連絡ください。

浄土真宗本願寺派 順光寺の副住職。
写真家僧侶として、作品を通し「いのちのつながり」「いのちの大切さ」を伝えています。
島根県松江市を拠点に、フォトグラファー、Webデザイナー、グラフィックデザイナーとして活動。地元・松江の魅力を写真で発信しています(» 制作実績)。
また、「お寺は地域と共にあるもの」という思いから、地域のまちづくり活動にも積極的に参加しています。
Webサイト制作・印刷物のデザイン・撮影・まちづくり活動のご相談、取材のご依頼などお問い合わせページからお気軽にご連絡ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す