まい&れいれい 千の音色でつなぐ絆コンサート

順光寺のイベントなどでお世話になっている、ピアノとバイオリンの母娘デュオ、まい&れいれいさんより撮影の依頼。

田和山の今井書店グループセンター店にて開催された「まい&れいれい 千の音色でつなぐ絆コンサート」へ。

「千の音色でつなぐ絆コンサート」は、東日本大震災の被災地の木材で作ったバイオリンの音色を、全国千人のバイオリニストがつなげていくプロジェクト。
バイオリンには津波に耐えた「奇跡の一本松」も描かれてる。

山陰中央新報 – 10月下旬に“震災バイオリン”の演奏会:松江市在住のアマチュアバイオリン奏者・西原麻衣子さん(23)が、東日本大震災で被災した木材で製作した“震災バイオリン”の演奏会を10月下旬に松江、米子両市で開く。全国の音楽家による復興支援プロジェクト「千の音色でつなぐ絆」の一環で、西原さんは「震災の記憶を忘れないで」と呼び掛けている。
プロジェクトは、バイオリンの演奏を通じて被災者を励まし、震災の風化を防ごうと、日本ヴァイオリン博物館(東京都)などが今年2月に立ち上げた。プロ、アマを問わず、世界の1千人の音楽家が震災バイオリンを引き継いで“リレー演奏”する計画という。

コンサート会場は、今井書店の多目的スペース。



たくさんの聴衆で溢れかえる。

素晴らしい音色が会場に響き渡る。

演奏を終え、笑顔のお二人。

演奏終了後、うちの嫁からまいさんに花束贈呈。

あと4回、松江と米子でコンサートがあるとのこと。スケジュールは山陰中央新報の記事に記載。

山陰中央新報 – 10月下旬に“震災バイオリン”の演奏会
▽24日=松江赤十字病院(同市母衣町)▽25日=アルソア有美商会(同市東朝日町、入場料500円)▽27日=本の学校今井ブックセンター(米子市新開2丁目)▽28日=スティックビル(松江市白潟本町) …

ヴァイオリン・プロジェクト「千の音色でつなぐ絆」の概要は、公式サイトから。

ヴァイオリンプロジェクト「千の音色でつなぐ絆」命をつなぐ木魂の会
このプロジェクトは、東日本大震災の被災者支援のために、被災地で生まれ育った木材でヴァイオリンを製作し、賛同する仲間たちがこのプロジェクトを実施するための組織「命をつなぐ木魂(こだま)の会」を作り、その …

Facebookページも。

ヴァイオリンプロジェクト「千の音色でつなぐ絆」
コミュニティ 陸前高田の流木(瓦礫)の松と楓で製作されたヴァイオリンのリレープロジェクト …

お気軽にご連絡ください

お問い合わせ・ご依頼・ご相談など、コンタクトフォームからお気軽にご連絡ください。

  • Webサイト制作・運用・デザイン

  • 印刷物のデザイン・印刷出稿代行

  • 商品・店舗の撮影

  • ポートレート・モデル・イベントの撮影

  • まちづくり活動のお手伝い

  • 寄稿・取材