水燈路撮影会 2015(新橋通り、田部美術館、武家屋敷、島根県庁「結いとうろ」)

水燈路撮影会(松江水燈路2015)

松江水燈路でへるん写真部撮影会。
久々の撮影会、水燈路の隠れた撮影スポットを探そうということになりました。

まちあるきガイドのボランティアをしているメンバーの発案で新橋通りへ移動。
新橋通り→田部美術館と撮影して回り、最後に県庁庭園のライトアップを撮るという撮影コースです。

新橋通り

松江城城山を抜け新橋通りへ。塩見縄手と堀川遊覧船が撮れる撮影スポット。

松江水燈路2015 新橋通り

堀川の上にぶら下げられた行灯。風で揺れるので長時間露光すると高速回転してるみたいだ…(笑)

田部美術館

島根県庁のライトアップイベント「結いとうろ」期間中、田部美術館の庭園が無料開放されていました。(庭園のみ開放。入館は有料)

ライトアップされた美術館の屋根を庭園から眺めることができます。

田部美術館ライトアップ(松江水燈路)

後ろの竹林とあいまって良い雰囲気。屋根に光を当てるというのは面白い試みですね。

撮る人を撮る。

田部美術館にて(松江水燈路2015)

夜景撮影なのでメンバー全員が三脚を持参。三脚は夜の撮影の必須アイテムです。

武家屋敷

県庁へ移動する前に、武家屋敷のみんカフェさんのカフェブースで一息。
ブースの前の木にぶら下げられた、しまねっこの三角行灯。

しまねっこの三角行灯(松江水燈路2015)

県庁庭園水燈路〜結いとうろ

県庁のライトアップイベント「結いとうろ」は、この日が最終日。約200個のLEDによって県庁庁舎がライトアップされ、庭園には約300個の行灯が並べられます。

県庁庭園水燈路「結いとうろ」

県の各課で行灯が作られ、県庁の入口の道沿いに並べられていました。

県庁庭園水燈路「結いとうろ」

向こう側のビル(県庁東庁舎)の壁に映し出されているのは「結いとうろシアター」。
元島根県知事の第23代田部長右衛門氏と建築家・菊竹清訓氏による建築作品がスライドショーで紹介されていました。

「結いとうろ」おもてなし担当の県庁女子の皆さん。庁舎をバックに1枚。

県庁庭園水燈路「結いとうろ」

職員有志の皆さんで、このライトアップイベントを盛り上げておられます。

県庁庁舎の上に秋の月。

県庁庭園水燈路「結いとうろ」

お気軽にご連絡ください。

浄土真宗本願寺派 順光寺の副住職。
写真家僧侶として、作品を通し「いのちのつながり」「いのちの大切さ」を伝えています。
島根県松江市を拠点に、フォトグラファー、Webデザイナー、グラフィックデザイナーとして活動。地元・松江の魅力を写真で発信しています(» 制作実績)。
また、「お寺は地域と共にあるもの」という思いから、地域のまちづくり活動にも積極的に参加しています。
Webサイト制作・印刷物のデザイン・撮影・まちづくり活動のご相談、取材のご依頼などお問い合わせページからお気軽にご連絡ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す