武家屋敷の行燈 (松江水燈路 2015)

武家屋敷の行燈(松江水燈路2015)

「松江水燈路(読み方:まつえすいとうろ)」メイン開催日(土日祝日)の夜は、武家屋敷が無料開放。

ライブイベントが行われたり、カフェブースができたりゆったりと過ごせる雰囲気になります。

武家屋敷の行燈 (松江水燈路 2015)

毎年恒例となった、照明デザイナー内原智史氏によるライトアップ。かぐや姫が出てきそうな佇まい。

武家屋敷の行燈 (松江水燈路 2015)

松江城とは違った形の行燈が多数。

武家屋敷の行燈 (松江水燈路 2015)

島根大学の学生が作ったLEDのオブジェ。ここで記念撮影をしてもらえます。

武家屋敷の行燈 (松江水燈路 2015)

今年も設置された藍染の行燈。この色合いが良いのです。

武家屋敷の行燈 (松江水燈路 2015)

松江城とは違った雰囲気で、武家屋敷は水燈路の隠れスポットととして人気なんだそうです。

お気軽にご連絡ください。

浄土真宗本願寺派 順光寺の副住職。
写真家僧侶として、作品を通し「いのちのつながり」「いのちの大切さ」を伝えています。
島根県松江市を拠点に、フォトグラファー、Webデザイナー、グラフィックデザイナーとして活動。地元・松江の魅力を写真で発信しています(» 制作実績)。
また、「お寺は地域と共にあるもの」という思いから、地域のまちづくり活動にも積極的に参加しています。
Webサイト制作・印刷物のデザイン・撮影・まちづくり活動のご相談、取材のご依頼などお問い合わせページからお気軽にご連絡ください。