Glass Ball in 松江水燈路2015

ガラスボール in 松江水燈路2015

「GLASS BALL LENS」水燈路編。
闇夜の中、ガラスボールの中に映る行燈の光。

行燈の光のガラス球撮影はやはり難しい。カメラを三脚に固定しても持つ手の方がブレてしまう。

ガラスボールを固定するため、竹垣の上に置いてみる。

ガラスボール in 松江水燈路2015

この日のガラスボール撮影はなんとなく不完全燃焼。今週末、レンズを変えてもう一度チャレンジしたい。

ガラスボール in 松江水燈路2015

松江水燈路、この日もたくさんの人出。

松江水燈路2015

お気軽にご連絡ください。

浄土真宗本願寺派 順光寺の副住職。
写真家僧侶として、作品を通し「いのちのつながり」「いのちの大切さ」を伝えています。
島根県松江市を拠点に、フォトグラファー、Webデザイナー、グラフィックデザイナーとして活動。地元・松江の魅力を写真で発信しています(» 制作実績)。
また、「お寺は地域と共にあるもの」という思いから、地域のまちづくり活動にも積極的に参加しています。
Webサイト制作・印刷物のデザイン・撮影・まちづくり活動のご相談、取材のご依頼などお問い合わせページからお気軽にご連絡ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す