カルガリーの夜景

カルガリーの夜景

トロントから空路4時間。「第15回 世界仏教婦人会大会」会場のカルガリーへ。

大会会場の目の前にあるカルガリータワー。高さ約190m。

カルガリータワー

カルガリータワーから眺めるカルガリーの街並み。都市圏の人口は約100万人。

カルガリーの街並み

カナダはこの時期、日没時間が遅い。夜10時ごろになってようやく夜景が撮れるようになった。

赤く光る特徴的な建物は、NHLカルガリー・フレームスの本拠地・スコシアバンク・サドルドーム。

カルガリーの夜景

翌日の夜8時ごろ撮影。夏至に近いこの時期と対称に、冬は日照時間がかなり短いんだとか。

カルガリーの街頭

市民の足として活躍するCTrain(「C」はカルガリーの頭文字)。カルガリーとその近郊を結ぶLRT (Light rail Transit)です。

カルガリーCTrain

カルガリーの朝。日照時間の短さを補うため、ビルは採光を考えた作りになっているとのこと。

カルガリーの朝

2日間の大会を終え、綺麗なカルガリーの街並みを眺めながらバスでバンフへ移動。

カルガリーの街並み

お気軽にご連絡ください。

浄土真宗本願寺派 順光寺の副住職。
写真家僧侶として、作品を通し「いのちのつながり」「いのちの大切さ」を伝えています。
島根県松江市を拠点に、フォトグラファー、Webデザイナー、グラフィックデザイナーとして活動。地元・松江の魅力を写真で発信しています(» 制作実績)。
また、「お寺は地域と共にあるもの」という思いから、地域のまちづくり活動にも積極的に参加しています。
Webサイト制作・印刷物のデザイン・撮影・まちづくり活動のご相談、取材のご依頼などお問い合わせページからお気軽にご連絡ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す