第3回「ご縁の国しまね」フォトコンテスト 優秀賞受賞

ご縁の国フォトギャラリー

島根県観光振興課主催、第3回「ご縁の国しまね」フォトコンテストで、優秀賞をいただきました。

受賞作品のタイトルは「ガラス球の向こうに」。
撮影用の小道具として購入したガラス球を使って、宍道湖の夕陽を撮影したものです。

受賞作品は、島根県観光振興課のサイトや、ご縁の国しまね「ご縁の国フォトギャラリー」でご覧いただけます。

県の担当職員さんからは、「これからも魅力的な島根の風景を撮り続けてください。」と激励のことばをいただきました。
僕の撮影した作品が、地元の観光振興に貢献できることを嬉しく思います。

お気軽にご連絡ください。

浄土真宗本願寺派 順光寺の副住職。
写真家僧侶として、作品を通し「いのちのつながり」「いのちの大切さ」を伝えています。
島根県松江市を拠点に、フォトグラファー、Webデザイナー、グラフィックデザイナーとして活動。地元・松江の魅力を写真で発信しています(» 制作実績)。
また、「お寺は地域と共にあるもの」という思いから、地域のまちづくり活動にも積極的に参加しています。
Webサイト制作・印刷物のデザイン・撮影・まちづくり活動のご相談、取材のご依頼などお問い合わせページからお気軽にご連絡ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す