水燈路写真展「光の道標」終了。ご来場ありがとうございました。

水燈路写真展「光の道標」終了

豅 純吾 松江水燈路写真展「光の道標」、10月31日17時をもって展示終了いたしました。

期間中、たくさんの方にご来場いただき、ノートにはたくさんのメッセージをいただきました。本当にありがとうございました。

搬出作業の様子。いろいろとご尽力いただいた松江歴史館と松江観光協会のスタッフの皆さんに、この場を借りてお礼申しあげます。

水燈路写真展「光の道標」終了

水燈路のPRと歴史館の集客にも貢献できたかなと思っています。

歴史館内・ミュージアムショップ縁雫さんで販売いただいたポストカードも好評だったようです。

また来年も開催できたらと思っています。

お気軽にご連絡ください。

浄土真宗本願寺派 順光寺の副住職。
写真家僧侶として、作品を通し「いのちのつながり」「いのちの大切さ」を伝えています。
島根県松江市を拠点に、フォトグラファー、Webデザイナー、グラフィックデザイナーとして活動。地元・松江の魅力を写真で発信しています(» 制作実績)。
また、「お寺は地域と共にあるもの」という思いから、地域のまちづくり活動にも積極的に参加しています。
Webサイト制作・印刷物のデザイン・撮影・まちづくり活動のご相談、取材のご依頼などお問い合わせページからお気軽にご連絡ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す