豅 純吾 松江水燈路写真展「光の道標」、松江歴史館で開催中(10月31日まで)

写真展「光の道標」in 松江歴史館

今日(10/1)から、僕の写真展「光の道標」が松江歴史館で始まりました。

松江水燈路(読み方:まつえすいとうろ)」市民会議の関連企画として開催するこの写真展、松江水燈路の写真を歴史館の玄関ホールに15枚展示。水燈路の美しい風景を楽しんでいただきます。

松江歴史館 玄関ホール

開催期間は10月1日〜31日の1カ月間。開館時間は8時半〜17時です(第三木曜日は休館)。

前日の9月30日、松江歴史館・松江観光協会の皆さんにお手伝いをいただきながら搬入作業が完了。ありがとうございました。

写真展搬入作業

歴史館の中にあるミュージアムショップ縁雫さん(喫茶きはるさんの向かい)で、ポストカードの販売をしていただけることになりました。
1枚200円。ぜひお手に取ってご覧ください。

ミュージアムショップ縁雫さんでポストカード販売中

また、会場の机にはノートを置いています。
ご覧いただいた後、一言ご感想などをいただけると嬉しいです。

記名ノート

10月中旬に展示替えを予定しています。
関連企画である「へるんさんの時代を味わおう!」(10月11日、武家屋敷で開催)で撮影した写真を中心に展示します。

ご来場いただいた方から、早速写真展のご感想をいただきました。
この写真展を通して、たくさんの方々とのご縁が広がることを願っています。ご来場お待ちしています。

写真展「光の道標」ご来場お待ちしています。
各方面で告知いただきました。感謝!

関連サイト

アクセスマップ

お気軽にご連絡ください。

浄土真宗本願寺派 順光寺の副住職。
写真家僧侶として、作品を通し「いのちのつながり」「いのちの大切さ」を伝えています。
島根県松江市を拠点に、フォトグラファー、Webデザイナー、グラフィックデザイナーとして活動。地元・松江の魅力を写真で発信しています(» 制作実績)。
また、「お寺は地域と共にあるもの」という思いから、地域のまちづくり活動にも積極的に参加しています。
Webサイト制作・印刷物のデザイン・撮影・まちづくり活動のご相談、取材のご依頼などお問い合わせページからお気軽にご連絡ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す