南三陸のスーパームーン

南三陸にて

教区の研修で東北出張。仙台別院、南三陸、石巻、気仙沼へ向かいました。
冒頭の写真は、南三陸沖に浮かぶスーパームーンです。

翌朝、同じ場所で撮った南三陸の朝日。
穏やかな海。美しさと残酷さを併せ持つ自然の力。

南三陸にて

各所に津波の爪痕が残り、また、海岸沿いのご自宅はまだまだ仮設のところが多く、復興にはまだまだ時間がかかるという現実に気付かされました。

南三陸にて

現地に行って自分の目で見ることの大切さを改めて感じます。メディアやネットの情報だけではわからないことも多いんですね。

「『観光』も支援方法の一つ。現地の経済に貢献し、現地で見たことを地元に伝えることができる。」
震災復興に携わっている友人の言葉です。

9月11日、東日本大震災から3年と半年が経過しました。
現状を多くの人に伝えること、震災を風化させないこと、それが今僕ができる支援の1つだと思います。

リンク先は、当日のレポートです。
震災を風化させないために、これからも自分にできることを続けていきたいと思います。

寺族婦人会連盟「仙台別院参拝と被災地復興応援」 | 寺族婦人会連盟 | 浄土真宗本願寺派 山陰教区

お気軽にご連絡ください。

浄土真宗本願寺派 順光寺の副住職。
写真家僧侶として、作品を通し「いのちのつながり」「いのちの大切さ」を伝えています。
島根県松江市を拠点に、フォトグラファー、Webデザイナー、グラフィックデザイナーとして活動。地元・松江の魅力を写真で発信しています(» 制作実績)。
また、「お寺は地域と共にあるもの」という思いから、地域のまちづくり活動にも積極的に参加しています。
Webサイト制作・印刷物のデザイン・撮影・まちづくり活動のご相談、取材のご依頼などお問い合わせページからお気軽にご連絡ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す