へるん写真部 新年撮影会 2014

へるん写真部 新年撮影会

へるん写真部の新年撮影会。昨年同様、一畑寺さん(通称、一畑薬師)で開催。

へるん写真部 新年撮影会

小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)ゆかりのお寺。
参拝した八雲は精進料理を食べたがあまり口に合わず、近くで鶏の卵を見つけて10個食べたというエピソードがあります。

ちょっと雨模様の天候。晴天だと三瓶山と大山が同時に見えるロケーションなんだけど…

へるん写真部 新年撮影会

今年最初の土曜日ということで、参拝の方多数。

へるん写真部 新年撮影会

薬師さんの像にお茶湯をかける。他宗派の寺院にお参りすると、いろんなことが新鮮。(一畑寺さんは臨済宗妙心寺派・一畑薬師教団総本山)

へるん写真部 新年撮影会

境内に水木しげるさんのブロンズ像。

へるん写真部 新年撮影会

 「のんのんばあ」とは、少年時代の水木しげる先生(本名・武良茂)の家にお手伝いに来ていた「景山ふさ」という実在の老婆です。この地方では神仏そのものや、神仏を拝む人を「のんのんさん」と呼びます。
ふささんは、一畑薬師を熱心に信仰する「拝み手」の妻だったため「のんのんばあ」と呼ばれました。彼女は、しげる少年が四才のとき一畑薬師に連れてお参りし、たびたび妖怪やお化けの世界を語って聞かせ、後年の妖怪漫画家・妖怪研究家への素地を作ったともいえる人物です。
via:のんのんばあと一畑薬師(由縁)

この本、小学生のときに図書館で借りて読んだ記憶があります。子ども心に切なさを感じた内容でした。

旧参道。水木しげるさんとのんのんばあも、この1300段の石段を通ってお参りしたそうです。

へるん写真部 新年撮影会

境港市の水木しげるロードと同じような、目玉おやじのブロンズ像もありました。
参拝者の道案内のために置かれてるんだとか。

へるん写真部 新年撮影会

撮影後、参道の蕎麦屋さん「もんぜん」で蕎麦をいただきました。小泉八雲も出雲蕎麦が大好きだったとか。

へるん写真部 新年撮影会

「もんぜん」のマスコット(?)小次郎くん。

へるん写真部 新年撮影会

一畑寺さんで撮影した動画をYouTubuに公開しました。併せてどうぞ。

お気軽にご連絡ください。

浄土真宗本願寺派 順光寺の副住職。
写真家僧侶として、作品を通し「いのちのつながり」「いのちの大切さ」を伝えています。
島根県松江市を拠点に、フォトグラファー、Webデザイナー、グラフィックデザイナーとして活動。地元・松江の魅力を写真で発信しています(» 制作実績)。
また、「お寺は地域と共にあるもの」という思いから、地域のまちづくり活動にも積極的に参加しています。
Webサイト制作・印刷物のデザイン・撮影・まちづくり活動のご相談、取材のご依頼などお問い合わせページからお気軽にご連絡ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す