松江城大手前に堀尾吉晴公の銅像が完成

IMG_8528

松江城大手前広場に堀尾吉晴公の銅像が完成し、今日除幕式が行われました。
像の高さは台座を含めて約6メートル。制作は松江市出身の彫刻家・西村文男氏。
市民有志の皆さんにより、全国から寄付を集めて建設されました。

松江観光協会によると、一昨年が松江城の完成400年に当たることから銅像建設の機運が盛り上がり、建設費約4130万円は市民らの募金でまかなった。
引用元:松江開府の祖、戦国武将 堀尾吉晴の銅像が除幕 – MSN産経ニュース

藤岡大拙会長は「これまで松江開府の祖の銅像がなかった。念願が叶って、感激。松江城の国宝化のはずみにもなってほしい」と話した。

via:朝日新聞デジタル:松江城前に堀尾吉晴公の像 16日に除幕式 – 島根 – 地域

松江の城下町の基礎を築いた「松江開府の祖」。天守閣に向かって凛々しい姿で立っています。

IMG_8526

現地で、松江歴史館の藤岡大拙館長に像のご説明をいただきました。
銅像の建立については、特別の思い入れをお持ちの藤岡氏。その説明にも熱が入っていました。

夜にはライトアップもされるとのこと。
また、台座の横には石造りのベンチもあり、待ち合わせ場所としても活用されそうです。

新たな松江のシンボルとなることを期待します。

400年前の町割は、今も人々の暮らしの中に息づき、20万市民が日夜その恩澤に浴しているところです。
松江の開府と城下町形成という大偉業を成しとげた吉晴公は、松江の人々にとって誇りであります。松江開府四百年祭にあたり、松江の礎を築いた堀尾吉晴公を後世に伝えるシンボルとして、その銅像を建設いたします。

引用元:趣意書|堀尾吉晴公銅像建設委員会

お気軽にご連絡ください

お問い合わせ・ご依頼・ご相談など、コンタクトフォームからお気軽にご連絡ください。

  • Webサイト制作・運用・デザイン

  • 印刷物のデザイン・印刷出稿代行

  • 商品・店舗の撮影

  • ポートレート・モデル・イベントの撮影

  • まちづくり活動のお手伝い

  • 寄稿・取材