紫陽花撮影のヒント〜松江市・月照寺さんにて

IA3X8501

「あじさい寺」として有名な外中原町・月照寺さん。今年は空梅雨のせいか開花が遅いようで、お寺の方に聞いたところ、まだ半分ぐらいの咲き具合とのこと。

背景をボカす

今回の撮影で使ったレンズは、85ミリの単焦点レンズ。ポートレート撮影に使われることの多いこのレンズを使って紫陽花の花を撮影してみました。

IA3X8454

単焦点レンズは、被写界深度が浅い(ピントの合う範囲が狭い)ので、主役以外の部分を綺麗にボカすことができます。

背景をボカすことで主役が引き立ちます。月照寺さんの紫陽花は青色の花が多いので、緑と青という寒色を主体とした作品に仕上がります。

IA3X8457

緑のグラデーションに浮かぶ一輪の花。

IA3X8508

雨上がりを狙う

この日は雨上がりの撮影だったので、雨に濡れる美しい姿を写すことができました。

IA3X8528

時間ごとの天気予報を見ながら撮影時間を決めます。タイミングが合えば人もカメラも濡れることなく、水に濡れてしっとりとした雰囲気の作品をつくることができます。

下からのアングルで撮ってみる

しゃがんで下からガクアジサイを撮影しました。ちょうど上に木が生い茂っていたので、良い感じで木漏れ日が入り込んでくれました。

IA3X8467

同じ被写体を撮るときも、ちょっと視点を変えてみると面白い作品に仕上がります。

撮影スポットデータ

スポット
月照寺
住所
〒690-0875 島根県松江市外中原町179
電話
0852-21-6056
URL
http://www.shinbutsu.jp/36.html
駐車場
コメント
「あじさい寺」として親しまれている浄土宗の寺院。約3万本の紫陽花が植えられ、6月中旬から7月上旬にかけて鮮やかな花を咲かせる。(拝観料/大人500円、高校生・中学生300円、小学生250円)
地図

撮影機材

カメラ
Canon EOS 1D MarkⅡ
レンズ
Canon EF85mm F1.2L USM
現像アプリ
Apple Aperture
その他機材

お気軽にご連絡ください。

浄土真宗本願寺派 順光寺の副住職。
写真家僧侶として、作品を通し「いのちのつながり」「いのちの大切さ」を伝えています。
島根県松江市を拠点に、フォトグラファー、Webデザイナー、グラフィックデザイナーとして活動。地元・松江の魅力を写真で発信しています(» 制作実績)。
また、「お寺は地域と共にあるもの」という思いから、地域のまちづくり活動にも積極的に参加しています。
Webサイト制作・印刷物のデザイン・撮影・まちづくり活動のご相談、取材のご依頼などお問い合わせページからお気軽にご連絡ください。